好きなものを、語りたい。

目指すはマキシマリストな人が書く、雑記帳のようなもの。

LL Beanトートバッグを作ってみた。ハンドメイド第一弾。

タイトルにある通り、

LL Beanのトートバッグを真似て

作ってみた。

生地は8号帆布を使った。

f:id:kotikena:20210331165926j:image

 

本家は4号程度で、こちらを縫うには

家庭用ミシンでは難しいみたい。

 

オンスについてはここでそう言っていました、

 

そのため8号を選んだ。

私の使用しているミシンはこちら。

ジャノメ JC8030

f:id:kotikena:20210331171115j:image
f:id:kotikena:20210331171123j:image

 

作り方を語れるほどでの技量はないうえに

写真すらまともに撮っていないため

適当なことは許してください。

 

 

初めて作ったバッグはこちら。

 

f:id:kotikena:20210331165814j:image
f:id:kotikena:20210331165809j:image

持ち手のぼろぼろがひどい

そしてペラペラだ。

8号でも生地によって違いがあるようだ。

 

そのため2作品目を作るにあたって

生地を二重にすることに決めた。

その分厚みが出て、縫い辛くなる、

そこに関してはやってから考える。

 

 

前作品の持ち手はひどかったため、

今回はしっかりと作り込み。

f:id:kotikena:20210331165953j:image

そしてLL Beanのトートバッグを

参考に色をつけました。

帆布のブルー、
f:id:kotikena:20210331170013j:image

 

途中経過で撮った数少ない写真。

ここまでは悪くない。


f:id:kotikena:20210331170008j:image

 

ここで問題に気がついた。

持ち手部分の帆布をあらかじめに

縫っておかないと、
f:id:kotikena:20210331165957j:image

 

こんな感じで、上から縫うことになり

すごく大変でした。

今回の失敗。

ぼろぼろなくらい良しとしよう。
f:id:kotikena:20210331170002j:image

 

ちなみに三角形の折り目は

厚みが出過ぎて縫えないため、

内側を切って縫えるようにした。

関係ないけど台形になってしまった。

f:id:kotikena:20210331171450j:image

 

そして

何かが少し違うと、祖母に言われ、

上を縫った。

グッと引き締まって見える。

さすが。

f:id:kotikena:20210331170425j:image

 

ここも、つなぎ目を一周縫うことで

それらしき様子に。
f:id:kotikena:20210331170430j:image

 

というわけで今回は、

LL Beanトートバッグを8号帆布で作ってみた。

というお話でした。

次もまたやりたいけど、

他にも作りたいものが。

f:id:kotikena:20210331170757j:image

やはり本家は美しい。