好きなものを、語りたい。

目指すはマキシマリストな人が書く、雑記帳のようなもの。

チャットモンチーの完結と、誕生。

誕生という名の、ラストアルバム。

 

前回、こんな記事を書いた。

kotikena.hatenablog.com

 

そのとき、ラストアルバムをまだ手にしていないと。

 

でも今よく考えれば、買わない理由がなかった。

 

f:id:kotikena:20200701205113j:image

 

 

購入してこなかった理由は、前回述べた。

 

2年越しのニューアルバムだ。

楽しみをとっておきすぎるタイプだ。 

 

Mステで披露した、

「たったさっきから3000年までの話」

すごいよかった。

こんな歌詞を、歌う人たち。かっこいい。

あいも変わらず地震大国で

北朝鮮アメリカの狭間で揺れているでしょうか

 

 

記憶の改竄で、もはやみてなかったら謝罪する。

 

かいざん (改竄)

(悪いことに利用する目的で)文字や記録を書きかえること。

引用 三省堂国語辞典

 

この意味だと、記憶の改竄は正しいのか?

まあそこは深くは追求しない。

 

これは余談

3000年と聴くと、今見ているアニメを思い出した。

dr-stone.jp

 

関係ないけど、なにかものづくりの楽しさを再確認できる。

2期楽しみにしてます。

どれも余談。

 

このラストアルバムには、小冊子のようなものがついている。

 

f:id:kotikena:20200701205131j:image

 

この中には、歌詞が書いてあり歌詞カードであり、

収録中のチェキがあり写真集のようでもあり、

二人の言葉があって雑誌のようでもあり。

 

ラストアルバムにふさわしい。

今さら語ることでもないけど、、。

 

f:id:kotikena:20200701205200j:image

 

CDもこんなところにしまわれている。 

かっこいい。

 

こういう中身を載せるのは、気が引けたが、

今回は書きたいことがあるので許してもらおう。

 

f:id:kotikena:20200701205216j:image

  

久美子先生の歌詞だ。

「砂鉄」のラスト。

 

明日のことは明日もわからんだろう

だけど何も心配はいらんだろう

君は君の真似なんてしなくても

最初で最後の君だ

僕は僕の真似なんてしなくても

最初で最後の僕だ

 

昔は歌詞なんてメロディの一部くらいに感じていた。

でも今頃になって、歌詞の大切さが少しだけわかってきた気がする。

 

このアルバムでは、久しぶりに三人の歌詞が揃った。

 

みんなそれぞれの良さがある。

これがチャットモンチーの曲の面白さになっているのだろう。

今回のアルバムの曲それぞれに、これまでの重みが詰まっているように感じた。

 

 

この冊子の中での、あっこちゃんの話。

 

f:id:kotikena:20200701205232j:image

 

「染まるよ」に、そんなエピソードがあったなんて知らなかった。

わたしにとってもこの曲は、特に思い入れがある。

 

一度シングルに、

そしてボツに、

でもやっぱり曲に。

 

「染まるよ」にはそんな変化があった。

 

わたしの人生でも、あったのだ。

高校生の時の苦い記憶。

流石に書くのは恥ずかしい。

でも今となっては良い思い出。

その思い出は、「染まるよ」がBGMでかかるようになっている。

 

いつだってそばにいれたら

変われたかな マシだったかな

プカ プカ プカ プカ

煙が目に染みても 暗くても夜は明ける

 

あなたのくれた言葉

正しくて色褪せない

でももういらない

 

この曲を聴いただけで、思い出は綺麗に蘇る。

 

「染まるよ」は自分にとって大事な曲だ。

 出会いも、別れも、そのまた出会いも、

全てチャットモンチーのおかげだったのかもしれない。 

 

 

 これからも聴き続けていきたい。

 

時間が経って、このアルバムを聴くと、

また違った印象になって、また新しい発見があって。

 

たとえ同じ曲を聴いたとしても、同じことはない。

最初で最後の君で、最初で最後の僕なんだ。

 

チャットモンチーよ、ありがとう。

f:id:kotikena:20200701220959j:image