好きなものを、語りたい。

目指すはマキシマリストな人が書く、雑記帳のようなもの。

チャットモンチーと、ここだけの話。

チャットモンチーとの出会い。

  

出会いは、私が中学生の時。

NHKにて、チャットモンチーのライブをやっていた。

武道館ライブ。

 

rockinon.com

 

これを見た時、衝撃だった、

チャットモンチーのことは、シャングリラくらいは知っていたが、

ほとんど何も知らなかった。

 

なんか若い女の子が歌っている。

そしてなんだこのTシャツは、フリフリついてる。

 

可愛いし、そして何よりかっこいい。

見かけとは裏腹、たくましさ、力強さがある。

スリーピースってバンドの完成形なイメージがある。

 

「ハナノユメ」を聞いたときは、衝撃だった。

www.youtube.com

 

チャットモンチーの良さは、全てこれに詰まっている気がする。

歌詞も、声も。

 

ちょっとした話。

このライブ映像を、録画をして見ていた。

 

だが、妹がその録画を消してしまったのだ。

私ら兄貴たちは、ブチギレた。

それほど良かったのだ。

 

が今考えると、小さかった。

そのくらい、軽く許してあげれば。

 

けど、録画消された時のショックってめっちゃ強いよね?

今でも忘れていない。笑

 

 

ここから、チャットモンチーが生活に入ってきた。

 

 

CDを手にとった。

 

中学生のとき、塾に行っていた。

だがそうそうやる気は出ない。

 

そんな時私には、逃げる場所があった。

みんなゲームセンターに行っていたが、

私はエンターキングに向かった。

 

そこには、チャットモンチーのCDが置いてあるのだ。

ここにきてCDを買うのが楽しみだったから、一気には買わない。

中学生でお金もそこまであるわけじゃない。

 

毎月少しずつ、

と言っても、そんなにCDが出ていなかったから割とすぐ終わってしまった。気がする。

 

『耳鳴り』と『生命力』

は、絶対この時買っていた。

 

f:id:kotikena:20200610215643j:image

 

あとはシングルも。

シングルは100円だから、さらっと買えてしまう。

アルバムにその曲が入っていても、CDが欲しかったのだ。

 

f:id:kotikena:20200610215704j:image

 

CDを手に入れて、それを家に帰ってパソコンに入れた。

そして、クリスマスにもらったipod nanoに入れる。

 

ipodは、最高のアイテムだと思った。

好きな音楽をたくさん入れて、どこにでも持っていける。

この頃からAppleに、心が惹かれていたのかもしれない。

 

オレンジのipod nano

今でも実家に残っていたはず。

 

 他には、DVDも買っていた。


f:id:kotikena:20200610215838j:image

 

 

受験と、チャットモンチー

 

そんなことをしていたら、夏が終わりあっという間に高校受験がやってきた。

私は、塾に友達がいなかった。

尖っていたから、できなかった、という方が正しいのかも。

 

休憩時間。

私は、ひたすらチャットモンチーを聞いていた。

あとくるり

 

というか、この二つしか聞いていなかった。

ipod nanoの小さな画面で、MVまでみていた。

 

色々頑張ってやっていたのを思い出した。

 

チャットモンチー

「ハナノユメ」

「世界が終わる夜に」

「橙」

 

くるり

「ばらの花」

赤い電車

「ハイウェイ」

 

特にこの曲たちを聞いていた気がする。

この文章を書きながら、この曲たちを聞いたら、

教室の端っこの席でお弁当を食べながら、

ipodで音楽を聞いていたことを思い出す。

 

音楽って記憶が乗る。と私は思う。

音楽は素晴らしい。

 

アルバムで一番なのは、これだと思う。

買った時期を覚えていない。


f:id:kotikena:20200610223303j:image

 

高校生とチャットモンチー

 

高校生になったら、他のアーティストが入ってきた。

少し遅いが

ASIAN KUNG-FU GENERATIONや、RADWIMPSだ。

 

高校一年生の夏、地獄の朝練。

苦しい思いで、自転車を漕いでいた。

その時聞いていたアルバム。

 

music.apple.com

 

アジカンのミニアルバム、崩壊アンプリファー

正直いまだに歌詞は理解していない。

 

ただ、この曲たちも記憶に残っている。

 

そんなことで、いろんな人に会い、いろんな音楽を聞いた。

それでもチャットモンチーへの愛は変わらない。

 

私は、タワーレコードにも行けるようになったのだ。

高校生になるだけで、こんなにも活動範囲が広がるのか。

 

f:id:kotikena:20200610215730j:image

 

music.apple.com

 

 Awa Comeから、少し雰囲気が変わった。

今までのチャットモンチーよりなんか穏やかな気がした。

 「ここだけの話」「あいかわらず」が好きだった。

特にあいかわらずの歌詞は、素晴らしい。

青春。

 

そして、YOU MOREが登場。

 

f:id:kotikena:20200610215843j:image 

 

このMV。

最初見たときは、なんか可愛くて面白かった。

ようやくYouTubeが使えるようになってきた。

 

www.youtube.com

 

「草原に立つ二本の木のように」

これはすごく好きだった。

ガラケーのアラームのために、着うたを買ったのを思い出す。

好きな曲をアラームにする派。

というより、ザ・アラームって音が嫌い。

 

せっかくなら、好きな曲で起きたいのである。

 

 

部活の先輩でチャットモンチーが好きな人がいた。

ただ好きな曲なに?って聞かれて、

私は「バスロマンス」と答えた。

 

そしたら笑われた。

一生忘れない。

そっちから好きな曲を聞いておいて。

有名な曲、が好きな曲だって良いじゃん。

 

なんか、若い頃ってこんな曲まで知ってるんだとか

そういうマニアックな曲を好きだというのが

ファンである証、みたいなね。

 

好きなことの話なら、どんなことでも楽しいのが普通なのになあ。

 

そして何より「バスロマンス」は名曲だ。

 

www.youtube.com

 

 

チャットモンチーも変身のタイミング。

 

このアルバムが出て、少しして

高橋久美子が脱退。

 

ドラムがいなくなって、終わるのかと思った。

でもチャットモンチーは続いた。

 

そんなこんなで、次のアルバムが出た。

変身。

 

f:id:kotikena:20200610215849j:image

 

二人で頑張って行こうとする気持ちは、わかった。

でも、まだ私にはついていけなかった。

ちょうど受験もあり、変化に目をそむけたかったのだ。

 

・・・・・・

受験はうまくいかず、浪人生になる。

がここの記憶は、特にない。

というより、消してある。

音楽で覚えているのは、LinQと°C-uteだ。

 精神がやられていたことがよくわかる。

・・・・・・

 

 

私もチャットモンチーも変身後。

 

 少し時間を置いて、『共鳴』が発売された。

これを聞いて、またチャットモンチーの良さを再確認できた。


f:id:kotikena:20200610223258j:image

 

あまり聞いていなかった『変身』を改めて聞いた。

すごく良い。

新しい発見ばかりだった。

コンビニエンスハネムーン

この曲についてはまた後で。

 

今考えると、チャットモンチーは変わらず良い曲を出していたのかもしれない。

聞く私に問題があったのだ。

変身を聞いて、イマイチと感じていたのが恥ずかしい。

 

でも、だからこそ余計に『変身』には思い入れが出た。

今となってはいい思い出だ。

 

ここから、チャットモンチーはアルバムが出なかった。

その代わり、いい曲は出た。

 

www.youtube.com

 

 

完結からの始まり。

 

2017年11月に完結を発表した。

私は、これまで一度もライブに行ったことがなかった。

それが何よりも悔しかった。

 

www.oricon.co.jp

 

そして武道館でのラストライブ。

新入社員であり休みが取れる気がしなかった。

場所的にも水曜日では、行けなかった。

 

だから諦めていた。

 

 

他のアルバムは全部持っているのにラストアルバムはまだ買ってない。

武道館ライブに行く弟が、買っていて余計悔しくて買わなかった。

でも、そろそろ買おうかな。

 

ただ私には、まだ最後のこなそんフェスがあったのだ。

 

 

こなそんフェス!

 

チャットモンチーラストライブから、数週間後

二人の地元、徳島にて開かれた。

 

私と兄貴は、ウキウキで徳島に降り立った。

 


f:id:kotikena:20200615093832j:image

f:id:kotikena:20200615094111j:image

 

が、そこでチケットを忘れたことを思い出す。

 

朝から焦った、 

そしてイベント会社に連絡。

チケットを忘れていても、電話番号と名前を

伝えればいけるとのこと。

さすが徳島県!さすがチャットモンチー

 

f:id:kotikena:20200615093858j:image

 

f:id:kotikena:20200615093926j:image


f:id:kotikena:20200615093931j:image

 

こなそんフェスはいろんなアーティスト、お笑い芸人が出て

最高のフェスだった。

 

そして何より、高橋久美子先生が現れて

ドラムを叩いた。

あの「シャングリラ」は忘れられない。

 

www.chatmonchy.com

 

いろんなドラマーが参加してチャットモンチーの曲を演奏。

中でも良かったのは、「コンビニエンスハネムーン」。

 

奥田民生プロデュースの曲。

そんな方が、自らドラムを叩く。

そしてお酒を飲みすぎて、ベロベロ。笑

 

こんな楽しいことがあるだろうか。

この曲はさらに思い入れのある曲になった。

 

徳島行ったお土産で、買ったすだちくん。

 

f:id:kotikena:20200615094053j:image

 

それと、車用すだちくんステッカー。

 

f:id:kotikena:20200615094219j:image

 

 

終わり。

 

こんな文量になるとは思わなかった。

チャットモンチーのことを軽く書こうと思ったのだ間違いだった。

 

でもすごい楽しかった。

いろんな局面で、チャットモンチーにはお世話になったなあ。

 

ありがとう。そしてこれからも。

f:id:kotikena:20200615093651j:image